蛇口で起こる水のトラブルと蛇口交換

水のトラブルが起きた場合、素人で対処しても手に負えない時は水道工事業者に依頼をする必要があります。工事業者はインターネットでたくさん見つかります。その際、蛇口のトラブルの場合は蛇口 交換をすすめられることもあるので、蛇口の種類と特徴について知っておくと便利です。

■蛇口のタイプと機能

蛇口の機能、形態はいろいろなものがありますが、水を出したり止めたりする構造としては大きく2種類に分けられます。
一つはハンドル水栓です。これは古くからあるものです。上のハンドルを回して水を出したり止めたりするのですが、中にスピンドルが入っていてその先にコマパッキンを入れてあります。ハンドルを回すとスピンドルが回ってコマパッキンを水の出る穴に押し付けて水を止めます。逆に回せばコマパッキンが緩んで水が出ます。力でコマパッキンを押し付けて水を止めているのですからパッキンは古くなると固くなり、弾性が無くなって隙間ができます。このためその部分から水もれが起きます。この場合はコマパッキンを交換すればまた普通に使えます。
もう一方のタイプはレバー式水栓です。レバーを前後左右に動かすと水の量や、お湯との混合比が調整できます。この水栓の中にはカートリッジが入っています。レバーを動かすとカートリッジの上部に作用してカートリッジ自体の角度や深さを調整できます。このカートリッジの下部でセラミックの部品や特殊素材のパッキンが水の出口のコントロールを行います。極めて精密な構造なので年月が経つと摩耗して水もれや水が出ないことなどが起きます。このために定期的なカートリッジの交換が必要です。

■蛇口の交換方法

パッキンやカートリッジの交換で治らないようなトラブルの場合は蛇口そのものが古くなって損傷していることが考えられます。この場合蛇口全体を交換することが必要になります。蛇口の交換は業者に依頼してもいいのですが素人でも結構簡単にできます。
まずどのタイプの蛇口かを調べてそれと同じものをホームセンターで購入します。道具としてはプライヤーやモンキーレンチがあればできます。これもホームセンターで入手できます。手順としては総ての場合まず元栓を締めます。
単水栓の場合は水道管に蛇口全体がネジではめ込まれていますから回せば蛇口が外せます。古くなって固くなっているものなどはプライヤーなどで回して外します。購入してきた新しいものをはめ込めば交換ができます。
レバー式のものはネジで固定されていますからプライヤーなどでねじを外せば後は手で蛇口全体を引き抜けます。同様に購入してきた新しいものをはめ込みネジで固定すれば終了です。

■まとめ
蛇口の水が漏れて止まらないといった水のトラブルはしばしば起きますが、蛇口には大きく分けて2つのタイプがあり、それぞれで水を出したり止めたりする構造が異なります。そのため、水道が水漏れを起こした時の対処法も異なります。また蛇口が損傷したようなときは交換が必要です。交換方法についてもきちんと把握しておくようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ