家庭内の給水に関する水のトラブルへの対処法

水道の蛇口までの給水設備でもトラブルが起きることがあります。例えば、水道水に色が着いていることもあります。その場合は色の違いによって原因などを判別することができることもあるので、知っておくと落ち着いて対処できます。

■給水のトラブルへの対処

水道水に色がついたり、濁ったり、臭いがすることがありますが、給水管に問題がない場合、色が着いていても大きな問題ではないことがほとんどです。例えば水道の水の色が赤く見えることがあります。これは給水管の鉄分が水に含まれているためであり、長い間水道を使っておらず、急に使った時などによく起きます。そのため、水を流しっぱなしにしてしばらくすればすべて流れ出してきれいな水になります。白く濁った水が出る場合はほとんどの場合問題ありません。水を流した時に溶けた空気が細かい泡になることで白く見えますが、しばらくすれば元に戻ります。
水回りが桃色に見える場合は気をつける必要があります。空気中にはたくさんの雑菌がいますが、雑菌は水がある浴槽やトイレ周りですぐに繁殖して増えます。この時に桃色や赤色の色素を出します。これらの雑菌は直接病気を起こす病原菌ではありませんが、衛生的にはよくないので、清掃して雑菌の好む湿気を取る必要があります。
臭いにもいろいろあります。大体水道水は塩素で殺菌をしているため元々塩素の臭いがします。その他に金属的なにおいや味がすることがありますが、配管の金属との接触でついたものなので心配はいりません。

■蛇口のトラブル

次に多いのが蛇口のトラブルです。蛇口を締めても水が滴るのが止まらないトラブルはしばしば起きます。その場合は中の部品が古くなって摩耗していることが多いため部品を交換すれば直ることがしばしばあります。
蛇口からの水の出が悪くなることもあります。蛇口の吐水口にはフィルターが入っているのですがこれの目が詰まって水の出が悪くなっていることがあります。この場合は先の部分を外してフィルターを掃除すれば直ることもあります。
また蛇口のハンドルやレバーが動きにくくなることや、動かなくなることもあります。この場合は蛇口自体が損傷していることが多いので場合によっては蛇口全体を交換しなければいけません。

■まとめ
家庭の水道でも水のトラブルが起きることがあります。水の色が変わるということはよく起きますがほとんどの場合心配はいりません。また蛇口のトラブルはよく起きますがこの場合は部品を変えることで直ることも多いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ