家庭内で起こる水のトラブル

家庭内のトイレやお風呂、キッチンで使用されている装置や設備周辺でも水のトラブルが起きます。その際の対処法を知っておけばスムーズに対応できるので、知っておくと安心です。

■排水のトラブル

排水で起こるトラブルの中でも、排水口より先のトラブルは厄介です。排水口以降は外から見えにくく、素人では対処がしにくいからです。起こり方としてはいろいろなケースが考えられます。例えば壁や天井から水が染み出すこともあります。またキッチンの近くの床から水が流れ出ることもあります。
キッチンや洗面所では排水口以降のパイプが見える場合もありますが、この場合は見えているところで水が漏れていないかをチェックすることができます。パイプの継ぎ目から漏れている場合は、継ぎ目の緩みや損傷が考えられます。継ぎ目をプライヤーで外してパッキンを交換すれば水漏れが止まることもあります。
水が排水口から流れにくくなるトラブルも起こります。多くの場合は配管の途中で起こる詰まりによるものです。この場合は水を急激に大量に流すと詰まったものが流れて直ることもあります。配管の途中は普段汚水が流れているので、水垢などがたまりやすいです。洗剤やお湯を流してこれを溶かすのも効果的です。またスッポンという空気を吸う道具を使って詰まったものを吸い出して直す手もあります。

■水を使う設備や機器でのトラブル

水洗トイレは特に複雑な構造になっています。トイレの機器内で水漏れが起きた時はその機器の保守サービス部門に連絡するしかありません。問題は水が流れなくなった時です。これは何か流れないものを落として詰まったことが考えられます。この場合はトイレの機器の業者では対応できません。水道のトラブル全般に対応してくれる業者に頼む必要があります。
お風呂や洗面所は普通一つの排水口で排水されています。この水が流れなくなった時も素人では対処ができません。
屋外やベランダに設けた水道も普段雨風にさらされているため故障の多い場所です。特に庭に水を撒くためのホース等を接続している場合などは水道の機器そのものが破損するようなことも起こります。こういった場合も蛇口そのものを取り換えるような修理が必要です。自分で蛇口を買ってきて交換することもできますが、業者に頼んだ方が時間を節約することができます。

■まとめ
家庭内の排水口以降の水のトラブルやトイレ、お風呂などの設備での水のトラブルが起きることもあります。これらについてはそれぞれで対処方法が異なりますが、いずれにしても専門業者と相談する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ